保護犬「龍馬(りょうま)」について

→保護犬「希(のぞみ)」はこちら

◆名前  

龍馬(りょうま)

◆性別

オス(H27 6月17日去勢済)

◆生年月日

2014年8月(推定)

◆犬種

MIX (柴系)

◆特徴・経歴

高知県幡多保健所で保護。体は一番大きく、食いしん坊。
潜在性テスト合格。災害救助犬訓練中。

 

龍馬を応援

ryoma_past

2015年3月に高知県幡多福祉保健所から、殺処分される予定だった3頭の仔犬を緊急保護しました。そのうちの一番体が大きい1頭を高知県出身の偉人坂本龍馬の名前を頂き「龍馬(りょうま)」と名付けました。

保護した当初、怖がりながらも弟妹を守ろうと必死に前に出ていた龍馬。スタッフが時間をかけてゆっくりと心身のリハビリを行っていくにつれ、徐々に私たちに心を開いてくれるようになりました。

瓦礫や高所など障害物はへっちゃらで、人間との「かくれんぼ」が大好きな龍馬は7月に、潜在性テスト※に合格し、「災害救助犬」への道を歩み始めました

 合格後、本格的に訓練を始め、8月には防災訓練にも初参加。はじめは消防車や救急車、重機にヘルメットを被った知らない人等・・・始めて見る怖いものが沢山あってとても緊張していましたが、周りの方達が優しく撫でてくれると、徐々に緊張もほぐれ最後には嬉しくなって笑顔がこぼれました。

まだまだ覚えることは沢山ありますが、これからも龍馬のペースでゆっくりと時間をかけて育成していきたいと思っています。

※「潜在性テスト」…犬が潜在的に持つ、主に人や犬への攻撃性を調べるテストで特に人と接する仕事では合格は必須とする

龍馬の災害救助犬育成にご支援ください!

当協会では、保護した犬たちに対して、「災害救助犬」「セラピードッグ」になる素質や可能性を探りながら、幸せな犬生にしてあげたいと思っています。

龍馬は現在、災害救助犬としての訓練を続けています。龍馬には災害救助犬の資質がありますが、十分に時間をかけ育成する為に、ご支援いただいている皆様方にスポンサーとなって頂き、見守り応援して頂けたら幸いです。

皆様の温かい応援とご支援を宜しくお願い申し上げます。

  1. 頂きましたご寄付は、各々の給餌代・医療費・訓練費・消耗品(ペットシーツやおもちゃ)に使います。
  2. 1口1,000円から、何口でもスポンサーになっていただけます。
  3. スポンサーになって頂いた成長の様子を、別途お知らせさせて頂く予定です。
  4. もし、育成するにあたり、「災害救助犬」にするには負担が大きいと判断した場合、新しい飼い主を見つけます。

龍馬を応援

このページの先頭へ