ドッグトレーナー認定制度について

ドッグトレーナー認定制度(JRT)とは

「認定NPO法人日本レスキュー協会(以下「本協会」という。)JRT制度」とは、ドッグトレーナーとしての技術が一定レベルに達している者への本協会よりの資格認定の制度です。

この制度は動物福祉の促進と犬たちの社会参加の向上にあたるドッグトレーナーのハンドリング技術・知識・資質の向上を図り、指導活動の促進と指導体制の確立を目的として、本協会が今までのノウハウを活かして独自に制定したものです。

※ドッグトレーナー認定制度(JRT)に間するご質問・お申し込みは、お電話(TEL.072-770-4900)またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

JRT資格の種類

JRT制度における資格の種類は、大きく分けて、ベーシック、プロフェッショナル、ボランティアの3種類の資格に分かれており、そのそれぞれにおいて、スキルの到達深度に応じて細かくレベルが定められています。

ボランティアを除く資格については、まずはベーシックから資格を取得していき、そこから段階的に昇級して、それぞれのスキルの最上級を目指していきます。ボランティア資格については他の2種には属さない取得昇級方法が設定されています。

JRT資格の審査

JRT資格希望者は本協会が定めるJRT資格プログラムを受講した上、JRT資格試験を受験し、これに合格すればJRT資格を授与されます。

また、本協会が定めるJRT資格の指定校では、JRT基準に沿った学習プログラムが含まれています。ですから、指定校の定められた課程を修了された方は、一部免除されたJRT資格プログラムを受講することにより、その修了した課程に対応したJRT資格試験の受験資格を取得する事が可能です。

JRT資格の有効期間・更新

JRT資格の有効期限は資格を取得してから1年間で、1年後の更新時に改めてJRT資格の審査をおこなう事で、常に適正なスキルを維持しているか判断しJRT資格を発行しています。

また、昇級を希望される方は昇級するに定められた条件を修了することにより随時、修了した条件に対応したJRT級の資格申請を行うことが出来ます。

JRT資格取得後について

JRT資格を取得された方は、日本レスキュー協会認定トレーナーとして、本協会及び本協会が定めた協力団体が実施する事業に参加する事ができます。

ドッグトレーナー認定資格資料ダウンロード(PDF)

(1)JRT制度概要
(2)JRT資格の種類
(3)JRT資格の規約
(4-1)JRT資格試験(オビディエンステスト )
※JRTベーシック・JRTプロフェッショナルトレーナー対象
※スキルチェックは該当する級のハンドリング部分のみをテストします。
(4-2)JRT資格試験(セラピードッグテスト)
※JRTプロフェッショナルドッグセラピー対象
※スキルチェックは該当する級のハンドリング部分のみをテストします。
(5)JRT資格試験日本レスキュー協会(JRA) メンバーズ 会則
(6)旧資格(MCI)と新資格(JRT)の対照表

このページの先頭へ