【令和6年能登半島地震:被災ペット支援活動⑤】

 

元日の地震以降、石川県で活動を継続しています。

1月12日も珠洲市内に開設されている避難所およひ周辺地域にて聞き取り調査を行いました。

在宅避難や車中避難、避難所から自宅に通いでお世話されている方が多くいます。
連携中の他団体からの情報や、住民さんや出会った飼い主さんの紹介を元に被災されたペット連れの方を訪ね、聞き取り調査を行い、必要物資の提供を行いました。

様々な場所を訪問していく中で、「遠いところからありがとう」や「ペットのことまで気にかけてくれてありがとう」、「寒くて大変だと思うけど頑張ってね!」と地元の方から心温まる言葉を沢山いただきました。

また、石川県獣医師会の先生と連携し、遠隔で処方していただいたお薬を避難中の飼い主さんにお届けしました。
「残り少なくなっていたから、とても安心しました」と言っていただきました。

この先、長引く車中泊などによる健康被害が懸念されます。
大切な家族の事で困りごとが起きないよう、支援を必要としている方に届けられるよう、活動を続けてまいります。

 

https://www.japan-rescue.com/2024donation_noto/

このページの先頭へ