日本レスキュー協会について

日本レスキュー協会とは?

日本レスキュー協会は、災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣を中心に世界規模で活動するNGO団体(NGO:Non-Governmental Organization)です。
国際救助機関として、災害時には国内外問わず、広く活動しています。

また、災害救助活動のほか、セラピードッグの育成・派遣や捨て犬・捨て猫の保護など動物福祉・愛護活動も行っており、認定NPO法人(NPO:Not-for profit Organization)として国からの認定を受けております。

→活動内容についてはこちら

20161006活動地図

名称 認定NPO法人 日本レスキュー協会
(Japan Rescue Association)
住所 〒664-0832
兵庫県伊丹市下河原2-2-13
セラピードッグメディカルセンター内
地図
TEL 072-770-4900
FAX 072-770-4950
E-mail info@japan-rescue.com
設立年月日 平成7年(1995年)9月1日
理事長 吉永 和正
協会役員

副理事長  伊藤 裕成
理事    程  一彦
理事    河合 伸朗
理事    北畑 英樹
理事    早川 住江
理事    岡  武
理事    安隨 尚之
監事    鵜飼 卓

協会スタッフ スタッフ紹介は「スタッフ紹介」をご覧ください。
協賛企業・支援団体 協賛企業・支援団体は「協賛企業・支援団体様のご案内」をご覧ください。

施設のご案内

セラピードッグメディカルセンター

みなさまのご支援・ご協力で建てられたセラピードッグメディカルセンター。1F、2F合わせて約80坪とけっして大きな施設とはいえませんが、引き取られた犬たちの診察や適切な治療処置を行うためのメディカルルームをはじめ、子どもたちと犬たちが自由にふれあえるプレイルームや、犬舎、ミーティングルームなどが備わっています。

→セラピードッグメディカルセンターについてはこちら

レスキュードッグトレーニングフィールド

レスキュードッグトレーニングフィールドセラピードッグメディカルセンターと隣接するグラウンドに災害救助犬(レスキュードッグ)のトレーニングフィールドが完成しました。3800平方メートルのグラウンドに、障害物訓練ができるタワーなどが並ぶ本格的なトレーニングフィールドです。

ここでは、私たちの数多くの出動経験を生かして、全壊した家屋の捜索訓練とともに、災害時に非常に多い座屈倒壊現場での捜索訓練も行うことができます。さらに、ここの特徴はナイター設備が整っているので昼夜を問わず、本格的な訓練が行えます。

→災害救助犬(レスキュードッグ)についてはこちら

このページの先頭へ